コーポラティブハウスについて
コーポラティブハウスとは・・・
住みたい人たちが、共同で土地の購入から建物の 設計・工事発注などを行い、それぞれのライフ スタイルに合わせた、間取りやデザインにより 共同で創りあげる集合住宅です。
「コーポラティブ(cooperative)」という言葉は、「協同の」、「協力的な」などという意味があります。
建築計画を決定する前に入居予定者が建設組合を設立し、住まいづくりに参加しながら進めていくやり方で、一般的に「組合方式」と言われています。法規等を考慮したベースプランはありますがそれ以外はフリーです。こだわりを反映できるオーダーメイドマンションです。
■コーポラティブハウスの基本形態「参加希望者から構成される建設組合が事業主」

○事業主は、参加者から構成される建設組合です。

○建設組合が、融資、土地の購入、設計、施工を委託し発注します。

○建設組合は建物完成後、個々の区分所有建物となります。

○決済後は、一般分譲マンションと同様、区分所有権、敷地権、持分の権利状態となり、賃貸、転売も可能となります。

○完成後、区分所有者同士で管理組合を設立し、監理業務の外注委託先、修繕、補修計画等を決定します。

■コーポラティブハウスの特徴
自由設計
それぞれのライフスタイルや好みに合った自由設計が可能です。オーダーメイドの対応を可能な限り行います。
納得価格
ご要望に合わせた設備・仕様でグレードを決めていくので自分にとって必要なものを選択でき、費用も明確なため納得のいくライフスタイルを作ることが可能です。
コミュニケーション
入居する前からミーティングを通じ居住者同士の円滑なコミュニケーションがはかれ、入居後の安心も大きな魅力です。
デザイン費用・契約など細かい点については、当社ライフデザインラボラトリーからご提案させていただきます。随時コーディネイターが責任を持ってご案内いたします。
■コーポラティブハウスの流れ
用地の選定

土地選定・企画検討

建物計画・概算計画

土地所有者との合意
参加者募集

会員様への情報発信

一般の方へ情報発信

インターネット

看板・ポスター・ちらし等

参加者決定

説明会開催

ローン審査

建設組合の結成

建設組合結成

コーディネイト契約・設計契約

土地売買契約 土地引渡し

コーディネイト契約手付金

設計契約手付金

建物・間取りの設計

基本設計開始 基本図承認

実施設計開始 建物見積依頼

工事発注・着工

工事契約

着工・上棟・竣工・検査

完成・入居

管理会社選定

引渡し

管理組合スタート

管理組合結成

入居

住宅ローン開始

建物登記費用

コーディネイト料金残金支払

設計監理料金残金支払

お客様のご希望のエリアでお考えの方、今後のプロジェクトに取り入れてほしいことなどぜひご要望をお聞かせください。
現在相互リンクは募集を中止しています。ご了承ください
個人情報保護に関する説明事項
登録変更、登録削除はメールでご連絡ください。
建築・デザイン・インテリアとカテゴリ別に掲載しています。
コーポラについてやご所有地の相談、お気軽にご相談ください
copyright © LIFEDESIGNLABORATORY. all right reserved.