コラム
category3 建築 『シックハウス』

シックハウス症候群とは、住宅の新築や改装工事後、住宅建材から室内に発生する揮発性化学物質などが原因で体調不良、健康障害を引き起こす事を言います。
主な症状としては頭痛、喉の痛み、眼の痛み、鼻炎、嘔吐、呼吸器障害、めまい、皮膚炎などが上げられています。しかし、その詳細や治療法は解明されておらず、医療分野でも十分な対応がなされていないのが現実です。


平成15年7月には建築基準法が改正され、内装材や換気設備などに規制が設けられています。
内容はクロルピリホスの居室での使用制限、ホルムアルデヒドの換気設備義務付けや面積制限等で、住宅新築であれば、確認申請時にこの規定をクリアしているかどうかが審査されることになります。


住宅関連企業はすでにこの規制に対応(造り付けの家具・キッチンキャビネット等の製品も対象)していますが、最新の注意を払うためには構造や建材をこまめにチェックする必要があります。また、持ち込む家具の接着などにも含まれる事が多くありますのでご注意ください。
主なチェック内容は次の通り。

@開口できる窓の面積は適切で、全ての部屋で自然換気できるようになっていますか? あるいは、機械換気設備が備え付けられていますか?
 
A適切な場所(トイレ、キッチンスペース、浴室、洗面、洗濯機が置かれている場所等)に換気扇が取り付けられていますか?
 
B屋根と天井の間、床下に換気できる空間が確保されていますか?
 
Cホルムアルデヒドが使用されている合板や接着剤が多用されていませんか?
 
D防蟻剤の使用は適切になされていますか?
 
Eシレンやトルエン、エチルベンゼンなどの揮発性有機化学物質を使用した塗料や建材が使用されていませんか?

実際に計測してみることは対策をとる上で大事なことです。検知器は購入もしくはレンタルができます。

厚生労働省濃度指針ホルムアルデヒド室内環境基準値は0.08ppm(30分平均)。この数値を超えるお住まいは要注意ということになります。
では基準値を超えてしまった場合、どうしたら良いのでしょう。対策方法として、次のようなものが考えられます。

@飛散防止塗料の塗布 (2500円/u〜)
A吸着剤の据付 (2000円/2ヶ月有効〜)
B空気洗浄器設置(導入費35000円〜)
「光触媒」は、シックハウス等の住居環境(抗菌、カビ・ダニや自動車の排気ガス、悪臭、トイレ・風呂のカビ、など有機物や窒素酸化物)で化学薬品を使用せずに光合成を利用し化学反応により分解させ改善する商品などもあります。
詳しくは、設計事務所や工務店、お近くの保健所にご相談してみるのも1つの方法です。
住宅の気密性が高まった結果、室内の空気が予想以上に汚れているケースが多く見られます。まずはご自身で出来る最大の対策、「換気」から始めましょう。
お客様のご希望のエリアでお考えの方、今後のプロジェクトに取り入れてほしいことなどぜひご要望をお聞かせください。
現在相互リンクは募集を中止しています。ご了承ください
個人情報保護に関する説明事項
登録変更、登録削除はメールでご連絡ください。
建築・デザイン・インテリアとカテゴリ別に掲載しています。
コーポラについてやご所有地の相談、お気軽にご相談ください
copyright © LIFEDESIGNLABORATORY. all right reserved.